私は、小学校の時にピアノを音楽教室に通いながら習っていました。先生は怖かったですが、楽しい事もありました。

音楽教室に通っている時の話
最新の投稿

音楽教室に通っている時の話

音楽教室に通っている時の話 私は、小学1年生からピアノを習う為に音楽教室に通っていました。小学1年生の私は親に言われて通い始めましたが、1人で音楽教室に通うのは最初とても心細かったです。先生はピアノを教えている時はとても厳しく怖い人でした。しかし、ピアノを弾いていない時は優しかったです。毎回、教室に通うと出席シールを貼っていたのですが幼い私は可愛いシールが沢山用意されているだけで嬉しくなれました。些細な事ですが、楽しみがあると思うと教室に通うのも楽しくなってきました。

しかし、私はもともと握力が弱く鍵盤を強くたたいて大きな音を出して弾く事が苦手でした。大きな音を出すところになると、毎回先生にもっと強く鍵盤をたたいて弾きなさいと注意されていたほどです。注意を受ける度に先生が怖く感じてしまいましたが、上手くピアノが弾けた時には沢山褒めてくれました。褒められるとピアノを弾く事が楽しくなりました。

上手く弾ける事もあまりありませんでしたが、たまに上手く弾けるととても褒めてくれるので、褒めてくれる事が嬉しくまた次も頑張ろうと思えました。先生は怖い一面もあり正直私は苦手でしたが、できた事はきちんと褒めてくれたので小学校を卒業するまで音楽教室を辞めずに通い続けられたのだと思っています。